電子マネーとはどんなもの?

電子マネーとは電子的なデータのやり取りにより決済を行う決済サービスの1種です。
レジに設置されている端末にカードを触れさせるだけで支払いすることが出来、精算時にサインは不要となります。
電子マネーはプリペイド式とポストペイ式の2種類に大別されます。
ポストペイ式とは事前に料金をチャージしておき、買い物時にチャージされた金額の中から使った分だけが引かれる仕組みです。
残高が少なくなればその都度チャージする必要があります。
ポストペイ式は利用料金を後払いするタイプの電子マネーです。
利用代金が後でまとめて請求されますのでチャージの手間はかかりませんが使いすぎてしまう危険性があるので注意が必要です。
プリペイド式はEdy、ナナコ、Suica、ICOKA等、ポストペイ式はQUICPay、スマートプラス、Visa Touch等が挙げられます。
電子マネーはカードタイプの他に携帯電話タイプもあり、おサイフケータイと呼ばれているのがこれに当たります。
電子マネーは支払いが簡単なのが一番のメリットと言えます。
お金を出す手間を省くことが出来、電子マネーのみの生活も可能なほどです。
また電子マネー利用時にはポイントが付与されるサービスがあり現金支払いにはないお得なサービスがあります。
逆に浪費しやすい、チャージしておく適切な金額が分からない、種類が多すぎてどれが良いのか分からないといったデメリットが有ります。
特に後払いとなるタイプの電子マネーですと後日送られてくる請求書に驚く方も多く、危険な側面も持ち合わせています。
チャージタイプの電子マネーは盗難や紛失した場合カードの再発行は出来ず損失額の補償がありません。
しかも一度チャージしてしまうと払い戻しができませんので、よく考えてチャージする必要があります。詳細はココ

ヘッジファンドってなんなの?

ヘッジファンドとは代替投資のひとつで様々な手法を用いて利益を追求する投機的なファンドのこと。
投資信託は公募により資金を集めますが、ヘッジファンドは機関投資家や富裕層から指摘に資金を集め様々な方法で運用し利益を投資家に還元するシステムです。
大胆な運用ができることが特徴です。
ヘッジとは避けるという意味で、株の価格が下落しても損しないようにリスクをヘッジしています。
ヘッジファンドは好況不況に関係なく常に投機的なスタイルで利益追求できると言う特徴も有ります。
富裕層向けの金融商品ということで集めてきた運用資産が莫大であるため借金をして更に資金を大きくし大きな取引を行います。
あまりにも大きな取引をするため相場の乱高下を加速させてしまう要因となり問題になることも決して珍しくありません。
絶対的な収益を目標としていますのでハイリスク・ハイリターンといえます。
ヘッジファンドは規制の緩やかな国内金融市場と切り離された形で運用されている海外を種な取引相手とするオフショア市場が大部分です。
ヘッジファンドの購入者は金融機関や保険会社が殆どですが個人投資家の割合も増加しています。
ヘッジファンドは1口1億円という高値で取引されることが殆どですが、近年は500万円程度の小口と投資も行なわれています。
価格が上がろうが下がろうが利益を狙うのがヘッジファンドですが、いくらリスクをヘッジしていても完璧というわけではありませんので、大きなヘッジファンドが破綻するとそれ事態が大きなニュースになるといえます。
リーマン・ショックの原因ともなったサブプライ問題はヘッジファンドが引き金となっています。詳しくはコチラ